インターンシップへの取組み

少し前の話になりますが、初めてインターンシップの学生さんを受け入れました。

ある大学との繋がりで機会を頂き、デザイン設計を主とする私たちも若い学生さんの意見が入ることによって、また違うアイディアを生み出せるのではないかと思い挑戦することにしました。


コロナでどうなるかと思いましたが、なんとか大学とも調整がつき実際来て頂けました。

正直お互い初めてで最初、とても緊張しましたーー(笑)

建築学科の学生さんではなかったので、何を体験してもらおうかとスタッフ一緒になって考え、スケジュールとなっていた10日間を組み立ててみました。

いろいろアイディア出ましたが最終的に、空間のデザインをする上での考え方、CADの基本操作、模型の制作等を10日間で体験してもらうことになりました。


来てくれた学生さんはとても真面目で全てのことに真剣に取り組んでくれました。

建築を専門とされていないのに、とても上手にこなしてくれましたよー。

見てて関心です。

いろいろ話もできて、学生さんで取り組まれているサークルなんかもとても刺激になりました。

こちらも慣れないことたくさんあって、満足して帰ってくれたかなー。

ちょっと心配でしたが、先日大学での報告会に参加させて頂き、充実した10日間だったと発表してもらいました。本当とても嬉しかったです、ほっと一安心。


作ってもらった模型は実際のお客さまにご提案させて頂き、お客さまも大喜びされていました。

普段お見せしたら持って帰ることが多いですが、ゆっくり見たいと仰ったのでお客様のところに置いています。


学生さんのパワーってすごいですね。

このような機会に巡り合えたことに感謝です。


#住宅設計 #模型製作 #インテリアデザイン #一級建築士

#インターンシップ #大学生






最新記事

すべて表示