© HINA ARCHITECTS' All Rights Reserved.

こどもと家と・・・。

うちの子供、上は3歳になりました。もうすぐ4歳。

女の子でとてもおしゃべりです。

先日、夕飯を食べているときにふと聞いてみました。

私  「なぁなぁ、どんなお家に住んでみたい?」

子供 「お家? んーとな、まーるいお家」

私  「そうか、なんでまーるいお家なん??」

子供 「だってな、ぐるぐる回れるやん、そしたらみんなでよーいどんってできるやん♪」

なるほど。


私   「他にはどんなお家がいい?」

子供 「ほかに? ほかはー・・・、いないいないばぁができるお家」

私   「いないいないばぁ??」

子供 「かくれんぼしててな、おにさんが探してて、そしたら窓からばぁってして

    鬼さんがびっくりしはったらおもしろいやん!!」


関西弁ですみません。


子供の言うことは本当におもしろくって、いつも笑い転げていますが、

たまにとても参考になります。 娘は最近、ママみたいにお家作るでーと言って、たくさんある四角の小さい積み木を 上へ重ねたり、横へくっつけたり、ここが玄関といって間取りのようにしたり、 自由気ままにお家をつくっています。 その発想がとてもおもしろいときがあります。 すべてが子供中心のお家でなくっていい。

でも子供の過ごしやすさや、わくわくするような要素を少し取り入れることも

できたらなぁと、最近思う今日この頃です。